名古屋で気になる水漏れ修理屋さん
2021年4月9日

浄水器の価格差はフィルター性能の違い

浄水器に採用されているフィルターは、水道水の中に含まれているさまざまな不純物を取り除くためのものです。一般的に高価格の製品であれば高性能のフィルターが採用されており、普及価格帯のリーズナルな浄水器との差別化が図られています。高級機種には逆浸透膜が採用されているケースが多く見られます。このフィルターは、日本の浄水器の基準で定められている化合物や不純物の除去性能を大きく上回る性能となり、徹底的に磨き上げられて出てきた水は、元の水道水とはまるで別物のような綺麗でおいしい水となります。

一度に浄化できる量が少なかったり、メンテナンス費用が高価格になりがちであるという点もありますが、水に対してこだわりを持ちたいという方に幅広く支持されているタイプです。普及価格帯の機種には、蛇口直結タイプやポット式の浄水器があります。本体価格は5、000円から2万円前後と比較的安いために、最も人気を集めているタイプです。手軽に購入できる点や、メンテナンス費用も抑えられることなど、浄水を使いたいがコストの面が気にかかるという人にお勧めできるタイプです。

特に持ち運びがし易いポット式は、2台目として購入する人も多く見られます。どの製品を選んで購入するのかは、比較サイトを利用するのが良いでしょう。浄水器のタイプ別に比較したり、性能を比較したりと、詳細な情報をチェックしながらもとも適した一台を選び出すことができますのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です