名古屋で気になる水漏れ修理屋さん
2021年4月12日

価格帯によって異なる浄水器の性能

ホームセンターやウェブショップなどで、一般的に家庭用として販売されている浄水器は、日本国内の業界団体の基準を満たした性能が保証されていますので、水道水を綺麗にするということ、匂いや濁りを取り除く性能に関しては問題なく使用できるものとなっています。浄水器の価格差は、どのような形態であるか、フィルターの浄水能力がどの程度なのかによって異なりますので、それを整理していきましょう。最も安価である価格帯の浄水器は、ポット式の製品です。水道水を注ぎ込んで使用するもので、持ち運びがしやすいこと、交換用のカードリッジも価格が安く維持がしやすいことで人気となっています。

日本メーカーやドイツ製のものが有名で、卓上用としてや2台めとして購入する人が多いことも特徴となっています。5、000円から20、000円前後の価格帯で、有名メーカーも多く参入している形状の浄水器が蛇口直結タイプです。水道水を直接濾過装置(フィルター)に通すということですぐに浄水を手に入れることができるという使い勝手の良さが人気です。カードリッジ交換タイプのフィルターで、希望する浄水性能によって使い分けるということができる製品もあります。

そのほかに、逆浸透膜を使用した高級機種もあります。価格は高いものの圧倒的に優れた浄水性能を有していますので、家庭用だけでなく喫茶店などの飲食店に導入されている例もあります。好みの機種を選ぶために、情報を集めたサイトを活用して比較検討をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です