名古屋で気になる水漏れ修理屋さん
2021年9月15日

蛇口の水漏れの修理は原因によって違う

蛇口の水漏れの修理は原因によって違い、パッキンやバルブカートリッジは消耗品なので交換して直します。ハンドル内のパッキンの劣化で蛇口から水漏れが起きていて修理する方法は、新しいパッキンへ交換します。これはドライバーやウォーターポンププライヤーが必要で、作業前に止水栓を締めておきます。ハンドル上部のビスを外してからハンドルを外し、カバーナットを取りだして下のパッキンを交換します。

ケレップ(コマ)もゴムパッキンだけ交換出来ますが、コマも同時に行ったときに備えて丸ごと換えた方が良いです。これもカバーナットを外してからハンドルを緩めて外し、新しいケレップ(コマ)へ換えます。バルブカートリッジはメーカーや製品によって交換可能なカートリッジが決まっていて、必ず製品番号を確認して合っているものを購入します。最初にレバーカップを手で外して、ビスを緩めてレバーを外し、プライヤーで本体を固定してからレンチでカートリッジのカバーを回します。

カートリッジを手で取り外してから新しいものへと交換します。他にも蛇口と壁の間から水漏れの修理だと、シールテープが劣化している可能性があります。これもシールテープが剥がれてきたらまき直しが必要で、壁に付いていると直接給水管と繋がっているので、取り外すときは家の元栓を締めて作業をします。壁から伸びている偏心管を繋ぐナットを緩めて取り外してから、偏心管を手で回して外します。

それについている古いシールテープを剥がして新品を巻きなおします。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です