名古屋で気になる水漏れ修理屋さん
2021年9月18日

洗濯機の蛇口からの水漏れ修理と原因

洗濯機の蛇口から水漏れの修理をする前に、原因は色々あります。他と違い給水ホースが取り付けられていて漏れても何処を直すべきか分からないことも多いです。ねじ止め式のニップルだとネジを締めなすと蛇口からの水漏れの修理も出来ますが、ネジの緩みでないと直りません。ニップルの接続部分以外から起きることもあって、ねじ止め式だとビスが緩むことで起きます。

内部にも隙間を埋めるゴムパッキンが入っていて経年劣化で弾性がなくなると固くなり、隙間が出来て発生します。蛇口本体のナットからの水漏れの修理ですが、ナットの緩みやパッキンの劣化が原因です。ナットを締め直すかまたは分解してからパッキンを交換します。給水ホースとのつなぎ目部分、ホースと洗濯機の接続部分からだと接続ナットの緩みや、止め具パッキンの劣化にホースの破損などが原因です。

ナットの緩みはよくあることなので止まらないか、先に締め直してみるのがおすすめです。本体と壁の接地面から起きているときは、根元パッキンや本体の劣化、破損以外にシールテープ破損があります。これは本体とソケットの溝の隙間を埋めるために使う樹脂性テープで、これもホームセンターなどで買うことが出来るので自分で直す事も可能です。洗濯機だと常に開けっ放しという人もいますが、これだと地震やいたずらで給水ホースが外れると垂れ流しになります。

そのような事態に備えて最近では、オートストップジョイントという給水ホースが外れたら水が出なくなるストッパー付きもあります。値段も普通のものと変らないので、交換するときはストッパー付きがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です